アステックスは、防災・減災の要となる非常用発電設備の「性能検証」が行なえる唯一の手段「負荷試験」を普及・促進させることで、緊急時のライフラインを守ることを目指しています。

私たちアステックスは
もしもの電力を、検査する・試動する・守る。

もしもの電気とは

災害や非常時、
ライフラインの生命線は「電気」。

地震・火災などの災害時に、最も重要なのは実は「電気」なのをご存じですか。電源供給が途絶えれば、防災設備や医療設備、水道・エレベーター・固定電話・エアコン等、電気制御によるライフラインは機能しません。もしもの時の生命線は、非常用発電設備による「電気」が握っているのです。
» 詳しくはこちらへ

検査するとは

法定点検済みだから安心?
そこにリスクが潜んでいます。

非常用発電設備には、消防法・建築基準法で定めた年1回の定期点検が義務づけられています。これが落とし穴で、法定点検は「発電機のエンジンが始動するかどうか」をチェックするだけなのです。実際の災害時に起動しただけで、発電しなかったら…。検査もリスクの温床になってしまうのです。
» 詳しくはこちらへ

試動するとは

100%フル稼働させなければ、
「点検」ではない。

非常用発電設備は、実際の非常時と同じ負荷をかけて、テストしなければ意味がありません。これが私たちの提案する「負荷試験」。エンジンが起動しても発電されない、長年の不完全燃焼でカーボンが蓄積され出火・損傷・破壊が起きる、などのリスクを避ける唯一の手段なのです。
» 詳しくはこちらへ

守るとは

ビジネスと生命のために、
備える電気を、守り抜く仕事。

私たちアステックスは、災害時・非常時の生命に関わる最も重要なライフラインである電気の供給を絶やさない、日本の非常用電源設備を守り抜くことが使命。最大100%の負荷試験によって、必要な能力の確認、不具合箇所の未然の発見・対処、クリーンアップ、長寿命化で、お応えします。
» 詳しくはこちらへ